ギャンブル依存症HELP|ギャンブル依存症克服から借金返済まで

ギャンブル依存症での借金で苦しんでいる人に

ギャンブル依存症男性

今このサイトを見ている多くの方はギャンブル依存症によってできた借金で苦しんでおられるのではないでしょうか。

借金が増え、もうどうにもできないギャンブル依存症をやめたいと思っていても、かさんだ借金を返す為にまたギャンブルをする・・・こんな悪循環の生活から抜け出せないギャンブル依存症の方、本当にどうにかしたいと思っているなら、行動をおこすべきです!自分の借金を少しでも減らしたいと思っておられるなら、まずは自分の借金がどれくらい減額されるのか無料診断をしてみましょう。診断することで、あなたの借金がどれだけ減らせるのかわかれば、ギャンブル依存症から抜け出せるステップの一歩となります。

 

ギャンブル依存症無料診断クリック

ギャンブル依存症によってできた借金を少しでも楽にする!

ギャンブル依存症と借金は、切っても切れない症状の一つと言われています。そしてギャンブル依存症は進行していくものであり、進行が浅いうちなら自分で自分を救うことができます。また進行してしまった時は家族とみんなで頑張って改善する必要があります。

 

借金を作ってしまった本人の苦しみ

ギャンブル依存症になると、どうしても麻薬と同じで禁断症状はとても辛いものがあり、ギャンブルをするためなら何をしてでもお金を作るようになります。そしてそれが家族を苦しめていることも分かっているので、自分でやっていながらとても苦しいのです。普通の人なら「苦しいならやめればいい」わけですが、それができないのがギャンブル依存症の辛さなのです。

 

今度こそやめたいという思いと、それが毎回できないという現実による情けなさ。どんどん膨らんでいく借金の恐怖など正常な部分で感じる感情と、禁断症状のときに感じる感情がまったく違うことこそ、このギャンブル依存症の怖さなのです。

 

家族や自分自身でできること

 

この地獄から立ち直るには強い意志ではなく、どうしたいかということ
まず家族を守り、借金をしっかり解決することが重要なのではないでしょうか。ギャンブル依存症は専門の医師に相談して立ち直る治療を受ける必要があります。意志の強さなどでどうにかなると考えずに、治療なしには立ち直れないと考えるべきであり、家族も完全に病気として考えてあげるようにしましょう。そして借金の方はまず専門の信頼できる債務整理業者へ相談をすることです。

 

ギャンブル依存症になった場合は、どんなに今の状態から抜け出したくても、まず専門家の手助けがなければ、病気も今の状況もどうにもならないことを早く自覚することです。自分の力でどうにかしようとすればするほど深みにはまっていきます。

 

でも専門の人の手を借りることで本当に確実に解決に向うでしょう。大切なことは早く立ち直って、早く普通の生活に戻ることなのではないでしょうか。下手な方法をするとギャンブル依存症の病気も、借金解決も逆にリバウンドを起こしてしまう危険もあります。素人考えで行動しないようにしましょう。

 

債務整理専門業者に任せる理由

 

借金は借りたものは返す必要があるのは当然です。しかし、それ以上に違法に取り立てる金融業者もたくさんいます。特にギャンブル依存症の人はまともな金融業者の中ではブラックになっている場合が多く、そういう人が利用できる金融業者となると、悪徳業者になっていくのも当然の流れなのです。

 

もちろん普通の金融機関であっても、今どうしようもない状態になっているときに、いろいろな救済なども利用すべきではないでしょうか。そういう意味でも専門の債務整理業者への相談は欠かせません。任意整理で280万円の借金が180万になったケース、個人再生で650万の借金が180万なったケース、自己破産で3000万の借金が0円になったケースなど。いろいろな方法で少しでも少ないリスクで考えていきたいものです。まず無料診断をおすすめします。

ギャンブル依存症無料診断クリック

ギャンブル依存症について

ギャンブル依存症という言葉を、どこかで聞いたことがある人も多いかも知れません。もしかしたら自分はギャンブル依存症かなと思うときがある人もいるのでは? 
さてギャンブル依存症というのはどういうものなのでしょう。そしてどのような原因から起るのか、その辺のことも考えてみましょう。

 

ギャンブル依存症とは

ギャンブル依存症とはギャンブルを渇望し、「ギャンブルがしたい」という衝動にかられ、それを抑えることができないという症状です。借金をしてまで賭け事をしたいという思いになり、それを抑えられずに社会的にも金銭的にも健康的にも問題が生じてしまうことがほとんどです。アメリカの精神医学会の診断基準では強迫的ギャンブルや病的賭博と言われています。

 

ギャンブルによって自分が借金まみれになって苦しむことになったり、家族など自分の回りの大切な人まで苦しめることになっても、ギャンブルをやめることができないという状態こそ、ギャンブル依存症であり強迫的ギャンブルと言えるようです。

 

そしてギャンブル依存症は進行性の病気と言われています。そして最終的には死や刑務所が待っていると言っても過言ではありません。ギャンブル依存症は徐々に進行していくので、初めのうちなら意志の強さや大人の考え方があればとどまることができるのです。ギャンブル依存症は、意志薄弱や未熟な考えというものが原因だと言われますが、実はそれがあれば途中でとどまる可能性もあったということだけなのです。そのためギャンブル依存症になった人に「意志を強く持てば治る」、「治らないのは意志薄弱なのだ」と言っていても、いつまでたっても改善はできません

 

ギャンブル依存症の原因

ギャンブル依存症の原因は意志薄弱、ナマケ者、精神の幼さ、優柔不断などと言われていますが、これらはギャンブル依存症になりやすいタイプであって、原因はそれぞれの人生の逃避にあるのではないでしょうか。そしてギャンブルの楽しさを知るという意味では、子供時代のガチャガチャやお菓子のおまけのカードなどに始り、今ではネットゲームなどは賭博的な要素がとても高くなります。
そんな子供の頃からの何気無い可愛いギャンブルだって原因になっていると言えるのです。つまりギャンブル依存症は原因より、今の状態を改善することが大切なのではないでしょうか。そういう意味では借金がどうにもならなくなっている現実も、同時に解決していく必要も出てくるのです。

 

ギャンブル依存症の実態

ギャンブル依存症は日本に今、約200万人いるとも言われています。人口の2%に当たるとのことですが、海外での統計では一番多い年齢が青年層や大学生で10%前後とのこと。将来に対する希望や夢が持てないということでは、ギャンブル依存症が増えているときは健全な社会ではないということも言えるのかも知れません。若い人はエネルギーがあるからこそ、それを健全に使うところがなくなると、ギャンブル依存症などの進行も早く激しい症状が出るとも言えそうです。