ギャンブル依存症の人口は?|ギャンブル依存症HELP

ギャンブル依存症の人口

ギャンブル依存症の人口

 

ギャンブル依存症は今まで実態を把握しきれないということで数値が出ていなかったようですが、最近調査の結果が出たとのこと、各メディアが大きく報じました。さて日本のギャンブル依存症はどのぐらいなのか? 世界的に見るとどうなのでしょう。

 

日本のギャンブル依存症の人数

国立病院機構久里浜アルコール症センターの研究班がギャンブル依存症の実態調査をした結果、一応の数字が発表されました。みんなが病院を利用する病気ではないので人数の把握が難しく、とても貴重な調査と言われています。成人男性が8.8%の438万人、女性が1.8%の98万人で、全体では4.8%の536万人にのぼることが分かりました。この数値より実際はもちろん多いと推定できるので、成人男性は10%近く、女性は2%近い人数は存在しているということになります。

 

そして日本人の人口128,057,352人として考えると23人〜24人に1人はギャンブル依存症とのこと。これは恐ろしい人数と言えるのではないでしょうか。海外を見ると米国1.58%、香港1.8%、韓国0.8%となっており、日本の男女平均4.8%は異常とも言える多さなのです。まだここにはゲーセンやネットゲームは数えられていないので、それらにお金をつぎ込んでいる人も入れると恐ろしい人数になるのではないでしょうか?

 

このような日本でのギャンブル依存症が多い理由はどこにあるのでしょう? 23人〜24人に1人というと、中高生の1クラスに1〜2人はいるということになります。例えばクラス会に行ったら1人や2人はギャンブル依存症がいるということになるわけです。そう考えると、とても恐ろしいことだと思いませんか?

 

ギャンブル依存症が多い理由

鳥取大学環境予防医学教授は、パチンコなどの身近なギャンブルがこれほど多い国は海外でも珍しいそうです。日本国中、誰でもすぐに軽い気持でギャンブルができるという環境が、大きく影響しているのではないかという意見もあります。またいろいろなところから、今後のカジノ法案が成立した場合の患者数増加を心配する声も多くあるようです。

 

また今は団塊の世代がすごい人数で仕事をリタイアしていますが、あと2年程度で完全にリタイアする人が極端に増えます。健康であるのに仕事はなく少々のお小遣いがあるこれからの老人は、その時間をパチンコや競馬、競輪に使う人も増えるはずです。ギャンブルをする人が増えれば、自然とギャンブル依存症がもっと増えることは抑えられないのではないでしょうか。