ギャンブル依存症の原因|ギャンブル依存症HELP

ギャンブル依存症の原因について

ギャンブル依存症になるには、どのような原因があるのでしょう。大きな原因には意志が弱い、優柔不断などと言われがちですが本当にそれだけなのでしょうか。もう少しギャンブル依存症のことを理解することで予防や改善ができるはずです。

 

友達が少ないこと

ギャンブル依存症になる人の多くは友達が少ないことが多いようです。友達が少ないことで休日の使い方が分からない人が、ギャンブルにハマりやすいとのこと。やはり人間は休日ぐらい好きなことをしたくなります。そこで趣味もなく友達もいないとなると、結局パチンコや競馬、競輪に向きやすくなり、そして最終的にはお金とギャンブルが友達になってしまうのです。

 

いつか一獲千金を狙っている人

これは、ただ大金持ちになりたいという欲望を持っているということではありません。世の中には仕事で成功して金持ちになりたいと思うタイプと、自分の努力ではなく運が巡ってきら要領良く大金持ちになりたいという、「一発当て」を心の底で狙っている人がいます。前者は金持ちになるための努力をしますが、後者は一発で大金を狙いたいという欲望だけを持っているわけです。

 

後者のタイプは基本的にギャンブルにハマりやすい素質を持っています。そしてギャンブルで勘を使うだけの努力に燃えるわけです。しかし、そんなにギャンブルは儲かるものではないので借金してでもギャンブルを続けていき、結局ギャンブル依存症になっていくのです。

 

負けん気が強いのか

ギャンブル依存症の人はギャンブルに負けると、その負けを取り戻すためにまたギャンブルに燃えるということで、とても負けん気が強いように見えます。しかし負けん気が強い人は、意外とギャンブル依存症にはならないものなのです。もちろんギャンブル依存症になりやすい人は負けん気がないのではなく、誰でも持っている負けん気をギャンブルにしか出せないタイプと言えます。そして普通の生活では逆に、負けん気の弱いタイプが依存症になりやすいのです。そのためギャンブル依存症になる人は、優柔不断、短気、そして負けん気が弱い性格と言えるのではないでしょうか。

 

現実逃避したい人

現実逃避したい人がギャンブル依存症になりやすいと言われています。確かに誰でも現実から逃避したいときもありますが、結局そんな現実と向いあって打ち勝つ努力をします。しかし現実から逃避したいという心の弱さがギャンブルに向い、依存症になっていくことも。ギャンブルをする人はとても挑戦的な性格のように思えますが、実はとても人生に消極的だからこそギャンブルに依存しやすいとも言えるのです。

 

真面目で遊び上手でない

真面目で遊び上手でない人が多いようです。趣味を持っている人、楽しみ方を知っている人、自分の遊びを持っている人はギャンブルを息抜きとして上手に使うことができ、まずハマることはありません。逆に特に趣味もない、遊びも上手でない人の方がギャンブルにハマりやすくなります。例えば休日というと読書ばかりしている人は、一見遊び上手ではないに見えるかも知れません。でもその人は読書という遊びを知っているのです。このようにここで言う遊びというのは、自分にとって楽しいこと、一生懸命になれることを意味します。

 

以上のギャンブル依存症になりやすいタイプを自分と比べてみると、ギャンブル依存症の危険度が分かるのではないでしょうか。相当依存症になりやすいタイプであれば、ギャンブルを控えたり遊び方を注意しましょう。早いうちなら自力で改善することもできるのです。ギャンブル依存症になる前になんとかストップしたいものです。