オートレース依存症について|ギャンブル依存症の種類

オートレース依存症について

オートレース依存症もまたギャンブル依存症の一つと言われています。特にオートレースを中心に依存しているタイプの病気です。オートレースはやはり男性の本能を熱くするものがあるのでしょうか、オートレース依存症には男性の方が多いとも言われています。

 

オートレースは経済産業省の管轄で、オートレースの年間売上げは700億とも言われ、公営ギャンブルとしては規模は小ぶりです。SMAPの元メンバーの森クンがオートレーサーになったことで、多くの人にオートレースを知らしめることになったかも知れません。そのぐらい一般にはあまり知られているギャンブルではありませんでした。
そして船橋、川口、伊勢崎、浜松、三陽、飯塚にしかレース場がないのが現状です。もちろんオートレースも選手などへの経費を引くと残りは赤字が続いているとのこと。そのため、それぞれの県もやめたいけど、やめるには大きな資金がかかるのでやめられないのです。そしてその赤字を埋めるためにモトロトBIGと作ったところ6億円が出たとのこと。

 

このように公的なギャンブルが、どんどんギャンブル依存症を増やしていることも周知の事実であるにもかかわらず、それでもやめられないという日本の恥部とも言える問題ではないでしょうか。ギャンブル依存症とはギャンブルを行うことを言うのではなく、自分の小遣いの範囲を超えてまでギャンブルをしてしまうことを言います。

 

もしその傾向があるなら、まず1年やめてみることです。それができなければギャンブル依存症だと考えられるので、ちょっとしたチェックシートをやってみましょう。チェックシートはネットでも公開されているので、自分に当てはまるかどうかという簡単なものです。

 

ギャンブル依存症は心療内科で治療をしてくれますが、やはり専門の病院の方が上手に改善する方法を知っているようです。まず自分がギャンブル依存症を治したいという気持が重大なので、自分で勇気をもって治療をすることが一番大切なのではないでしょうか。

 

ギャンブル依存症は自分だけでなく、回りの大切な人までも不幸にしてしまうのです。できるだけ早く治療することが早い回復につながると言われています。自分は依存症なんてことはないと思っているなら、まず1カ月ギャンブルをやめてみましょう。それさえもできなければ相当重症と考えるべきではないでしょうか。

 

関連ページ

パチンコ依存症
パチンコ依存症はとても多くの人がハマってしまっています。「たかがパチンコ」と思っても、そのパチンコ依存症が多いのはどうしてでしょう。そんな原因や状態、症状、解決方法などを考えてみましょう
パチスロ依存症
パチスロ依存症もギャンブル依存症の1つですが、最近どのパチンコ屋でも半分〜3分の1の割合でパチスロが占めています。さて、そんなパチスロ依存症の原因や症状、克服方法などを考えてみましょう。
競馬依存症
競馬のギャンブル依存症になる原因、症状、解決(克服)方法について。競馬に対してのギャンブル依存症の場合は、どのような原因で起ることが多いのでしょう。そして症状や克服方法を考えてみましょう。
競輪依存症
競輪のギャンブル依存症になる原因、症状、解決(克服)方法について。儲かると大きいお金が動く魅力はありそうです。そのため競輪依存症となっている人は、大きな儲けを体験した人が多い
競艇依存症
競艇のギャンブル依存症になる原因、症状、解決(克服)方法について。他のギャンブルはまったく行わないという人は少なく、パチンコなどと並行して行う人も多い。