パチンコ依存症は治っていないのかもしれない|ギャンブル依存症体験談

 
  • 新潟県
  • 43歳
  • 男性
  • パチンコ依存症

 

パチンコに対する依存症は治っていないのかもしれません

 

パチンコを始めたのは、大学生になった時でした。友人に連れられパチンコ屋に入ったのが始まりです。その時は、よく覚えていませんが、少し負けたように思います。それから、たまにパチンコ屋に行きましたが、それほど頻繁には行きませんでした。

 

しかし、大学生活が進むに連れ、友人関係がうまくいかず、また勉強も難しくなり、試験などで苦戦が続いたこともあり、次第に大学から足が遠のくようになりました。そして、お決まりのパチンコ屋通いが始まりました。最初のうちは、一緒に通う友人もいて、勝ったり負けたりを繰り返して、楽しんだ事が多かったのですが、私が留年し、友人達は進級した結果、友人達との付き合いがなくなり、空いた時間は、パチンコ屋に行くか、金がなくアルバイトをするか、のどちらかとなりました。しまいにはアルバイトでも追いつかなくなると友人達からお金を借りるようになり、友人達から借りられなくなると、学生向けの消費者金融からお金を借りるようになりました。振り返ってみると、その時は、パチンコをするためだけに毎日暮らしており、パチンコに対する依存症というかパチンコ中毒になっていたと思います。

 

友人達と行くパチンコは、パチンコもしますが、その後パチンコをネタに食事をしたり飲んだりして楽しかった面もありますが、一人でパチンコに行った時は、勝った時はそれなりに嬉しかったものの、負けると苦痛のみが残り、泣きながらパチンコを打っていた事もありました。泣くほど苦痛なのですがやめられないのです。そして、泣くほど苦痛を味わったのにもかかわらず、次の日朝起きると、パチンコに行く事しか頭にありませんでした。昨日の苦痛は完全に忘れ去っていました。学校の授業でパチンコ屋に行けない事も有りましたが、授業中ずっとパチンコのことばかり考えていました。

 

その後、なんとか学校を卒業し、就職しました。最初は、新しい環境で戸惑った事も有り、パチンコはやめていましたが、環境に慣れると、パチンコ屋通いを再開しました。休日は、勿論のこと、仕事が早く終わる日は、その足でパチンコ屋に行っていました。学生時代に借りたお金は返済していましたが、別の理由でお金を借りて、その延長でパチンコのためにもお金を借りるようになりました。この借金は、最高で3桁万円までいきました。
しかし、ある時、パチンコで全く勝てなくなり、ふとパチンコから少し離れてみようか、という気になりました。すると、不思議なもので、あれだけパチンコ狂いだった私がまったくパチンコをする気が起きなくなりました。この時は、半年ほどでまたパチンコ屋に通うようになりましたが、以前のように熱心に通うのではなく、やる気がなければ、パチンコ屋に行かない事もありました。
現在は、借金はなくなり貯金もできていますが、パチンコ屋通いはやめていません。しかし、学生時代のように狂ったように通うことはなくなりました。まだ、パチンコに対する依存症は治っていないのかもしれませんが、学生時代のようなパチンコ中毒とまでは行っていない、と思います。

 
この体験談を読んでの感想

関連ページ

母がパチンコ依存症
母がギャンブル依存症でした。これを読んで、少しでも気持ちを改めてくれる方がいることを祈っています。
パチスロ依存症の過去
パチスロ依存症だった過去。自分は一年間という、とても貴重な時間を使って気づくことになりましたが、今となってはそれでもその段階で気づくことができて、本当に良かった、と感じています。
携帯は常に馬チェック
携帯は常に馬チェックし競馬依存症でした。余裕があるお金で娯楽を楽しむ程度に。今私は、競馬からまったく足を洗ったわけではありません。趣味として楽しんでいます。
家族で一緒に頑張っています
家族で一緒に頑張っています。今の生活からはなんとしてでも脱出させてあげないとと思って家族で一緒に頑張っています。
学生ギャンブル生活
時間を無駄にした学生ギャンブル生活の体験談をご紹介します。社会人になった今でもたまにパチンコ屋に行きたいと思いますが、恐らく一度いくとまた嵌ってしまい、今度こそ借金を背負う事になるかもしれないと思うと恐ろしくて、ギャンブルをしないで居れています。
ギャンブルは楽しいが幸せではない
ギャンブルは楽しいが幸せではないの体験談をご紹介します。今は、はたから見ると、何の刺激もない普通の日常を過ごしている一人に見えるかもしれませんが、幸せだなぁと感じています。
父のギャンブル依存症
父のギャンブル依存症について体験談。現在はパチンコをすることもなく、アルバイトをして家計を助けてくれています。
パチンコ依存症でお金を借りていた母
パチンコ依存症でお金を借りていた母について。パチンコ屋には行っていないと聞いています。
ギャンブル依存症は本当に怖い病気
ギャンブル依存症は本当に怖い病気。またあの環境にもどるとここまで正常な感覚を取り戻した自分がまた壊れてしまいそうで本当にこわい