家族で一緒に頑張っています|ギャンブル依存症体験談

 
  • 大阪府
  • 37歳
  • 女性
  • パチンコ依存症

 

家族も本人も頑張っているんです。

 

自分の家族でパチンコ依存症だと思われる者がいます。最初は時間つぶしのために入ったパチンコ屋さんで別に楽しいとも思ってはいなかったようですがはまってしまって、今では家よりもパチンコ屋さんにいる時間の方がながくなってしまいました。パチンコをやって勝つことはもちろん嬉しい様ですが、家族からしたら勝つ事が嬉しいよりもパチンコをしている時間が自分にとって一番落ち着く場所で本当に楽しいと思っているのかは微妙だと感じています。

 

お給料も入ったその日には頭の中はパチンコに行く事で一杯な状況です。生活費も必要だとは思っていた最初に必ずいるお金の仕分けは行っていますが、必ずそのお金もパチンコに使ってしまうので、家族もきつく注意はしていますが、今だに改善はされてはいません。お給料が入ったら家族が管理しようかと本人にも何回も言いましたが、本人は渡してはくれません。このまま行くと本当に大変な事になってしまうのが分かっているので、心配はつきません。
本人にも本当にこのままで良いのかを何回も確認しましたが、最終的には本人が怒ってしまって話が最後までは出来ない感じです。きっと本人も支払いが出来なくなって、そのたびに家族にキツイ事を言われたり借金がかさんでいる事もあって、辛いはずだし出来る事ならパチンコをやめたいんだとは思いますが、やめれないし、行かないでおこうと思っていても罪悪感を感じながらパチンコ屋さんに入ってしまう。そして帰るときには今日も行ってしまった自分に腹がたつし、支払いのお金を使ってしまっているのでこのの支払いをどうやって行うかで頭の中は一杯。パチンコに行ってどんだけ沢山出ても本人はあまり嬉しそうな顔をして帰って来た事がありません。このままではまずいと思っている、でも行く事を自分ではやめる事が出来ないからだと思います。

 

何とかやめさせたいと思って、病院にも相談をしています。本人も最初は素直に一緒に病院にも行ってくれましたが、何回かいくうちにパチンコへ行ってしまった事を言わないといけないのが嫌だと言い出して今では一緒に行く事を拒否していまっています。家族はこの先の事を心配して、本人抜きでも受診して相談させてもらっています。短い時間で依存症を改善させるのは難しいと聞いていますし、本当に難しいと実感しています。そして一緒にいる家族も協力していかないともっと難しいとも思っています。気長にとは分かっていますが、何回も言っているのにどうしてわからないんだと腹がたってしまって、きつく言ってしまう事があります。でも将来の事を考えたら自分で自分の首を絞めている今の生活からはなんとしてでも脱出させてあげないとと思って家族で一緒に頑張っています。気持ちですが行く事に対して躊躇しているのが見えるので本人も頑張っているんだとおもいます。

 
この体験談を読んでの感想

関連ページ

母がパチンコ依存症
母がギャンブル依存症でした。これを読んで、少しでも気持ちを改めてくれる方がいることを祈っています。
パチスロ依存症の過去
パチスロ依存症だった過去。自分は一年間という、とても貴重な時間を使って気づくことになりましたが、今となってはそれでもその段階で気づくことができて、本当に良かった、と感じています。
携帯は常に馬チェック
携帯は常に馬チェックし競馬依存症でした。余裕があるお金で娯楽を楽しむ程度に。今私は、競馬からまったく足を洗ったわけではありません。趣味として楽しんでいます。
パチンコ依存症は治っていないのかもしれない
パチンコ依存症は治っていないのかもしれない。現在は、借金はなくなり貯金もできていますが、パチンコ屋通いはやめていません。
学生ギャンブル生活
時間を無駄にした学生ギャンブル生活の体験談をご紹介します。社会人になった今でもたまにパチンコ屋に行きたいと思いますが、恐らく一度いくとまた嵌ってしまい、今度こそ借金を背負う事になるかもしれないと思うと恐ろしくて、ギャンブルをしないで居れています。
ギャンブルは楽しいが幸せではない
ギャンブルは楽しいが幸せではないの体験談をご紹介します。今は、はたから見ると、何の刺激もない普通の日常を過ごしている一人に見えるかもしれませんが、幸せだなぁと感じています。
父のギャンブル依存症
父のギャンブル依存症について体験談。現在はパチンコをすることもなく、アルバイトをして家計を助けてくれています。
パチンコ依存症でお金を借りていた母
パチンコ依存症でお金を借りていた母について。パチンコ屋には行っていないと聞いています。
ギャンブル依存症は本当に怖い病気
ギャンブル依存症は本当に怖い病気。またあの環境にもどるとここまで正常な感覚を取り戻した自分がまた壊れてしまいそうで本当にこわい