父のギャンブル依存症|ギャンブル依存症体験談

 
  • 福岡県
  • 37歳
  • 男性
  • パチンコ依存症

 

父のギャンブル依存症

 

私の父がパチンコ依存症になった時の事を書きたいと思います。
私の父親はどこにでもあるような中流企業の会社員で、依存症になる前は音楽が趣味でレコードを集めておりギャンブルとは縁がなく、とても穏やかでおだてに弱いお坊ちゃまタイプの性格でした。ワガママで独善的な部分はありましたが会長にとても気に入られており、余裕のある会社員生活を送っていました。ところが会長が急死されて二代目が後を継ぎ、二代目が父を嫌って会社の隅に追いやるようになったあたりから父のパチンコ依存症が始まりました。最初は会社から帰ってくるのが遅くなったので、夜に気分転換のつもりでやっていたのだと思いますが、初期にビギナーズラックで勝ってしまった事が父をギャンブルの深みにハマらせていきました。会社で辛い思いをして負け続ける立場になってしまった分、自分に勝利と大金を与えてくれるパチンコを愛してやまなくなるまで、1ヶ月もかかりませんでした。趣味だった音楽は聴かなくなり、会社で使うパソコンの勉強も止め、部屋には研究用のパチンコ雑誌が散乱していました。勝てなくなったので攻略法を研究し始めたのだと思います。家族の地獄はこのあたりから始まりました。

 

日常的に父がイライラしているのがわかるようになり、家庭のムードは悪く、些細な事で父は激昂するようになりました。負けが込んで、たった一回の勝利が手に入らない事が辛かったようで、稀に勝った時などは異常なハイテンションで寿司やら菓子やらを食べきれないほど買ってきて自分のパチンコ武勇伝を何時間となく語り続けるので、家族にとっては父が勝っても負けても地獄でした。
精神的な負担だけならまだよかったのですが、勝てば散財し、負ければ負けた分だけお金が無くなるので、家計への負担も大きくなっていきました。この頃になると父は日に一度のパチンコではなく、負けた時は家に帰ってきて金を握ってパチンコ店にトンボ返りするようになり、収入の半分以上がパチンコ屋に消えるようになりました。

 

会社の方でも可愛がってくれた会長はおらず、仕事の準備時間もパチンコの研究に費やすようになっていたのでミスが多く、二代目は父に退職金を渡して実質クビを切られるような形で退社する事になりました。ところが父にとってはこの退職金もパチンコの軍資金に見えたようで、一日中パチンコ屋に入り浸っては金を失う日々が続き、家族の制止も聞かず、親戚からも暗に遠ざけられる存在になっていきました。
目は虚ろでフラフラ歩いており、この頃が父にとって最悪な状態だった様に思います。

 

パチンコ依存症が治るキッカケは割とあっさりやってきました。退職金が底を突き、家のローンが払えなくなったので家を失い、家族総出で父の実家に住まわせてもらうことになったのですが、実家には父が苦手にしている口うるさいおばあちゃんが居て、父に一切金を与えず、24時間体制で父に説教を続けました。金を失い、職を失い、家を失い・・・何もかもを失ってある意味冷静さを取り戻し実母からお説教を受けた時、父の5年に渡るギャンブル依存症は終わりを迎えたように感じました。現在はパチンコをすることもなく、アルバイトをして家計を助けてくれています。

 
この体験談を読んでの感想

関連ページ

母がパチンコ依存症
母がギャンブル依存症でした。これを読んで、少しでも気持ちを改めてくれる方がいることを祈っています。
パチスロ依存症の過去
パチスロ依存症だった過去。自分は一年間という、とても貴重な時間を使って気づくことになりましたが、今となってはそれでもその段階で気づくことができて、本当に良かった、と感じています。
携帯は常に馬チェック
携帯は常に馬チェックし競馬依存症でした。余裕があるお金で娯楽を楽しむ程度に。今私は、競馬からまったく足を洗ったわけではありません。趣味として楽しんでいます。
家族で一緒に頑張っています
家族で一緒に頑張っています。今の生活からはなんとしてでも脱出させてあげないとと思って家族で一緒に頑張っています。
パチンコ依存症は治っていないのかもしれない
パチンコ依存症は治っていないのかもしれない。現在は、借金はなくなり貯金もできていますが、パチンコ屋通いはやめていません。
学生ギャンブル生活
時間を無駄にした学生ギャンブル生活の体験談をご紹介します。社会人になった今でもたまにパチンコ屋に行きたいと思いますが、恐らく一度いくとまた嵌ってしまい、今度こそ借金を背負う事になるかもしれないと思うと恐ろしくて、ギャンブルをしないで居れています。
ギャンブルは楽しいが幸せではない
ギャンブルは楽しいが幸せではないの体験談をご紹介します。今は、はたから見ると、何の刺激もない普通の日常を過ごしている一人に見えるかもしれませんが、幸せだなぁと感じています。
パチンコ依存症でお金を借りていた母
パチンコ依存症でお金を借りていた母について。パチンコ屋には行っていないと聞いています。
ギャンブル依存症は本当に怖い病気
ギャンブル依存症は本当に怖い病気。またあの環境にもどるとここまで正常な感覚を取り戻した自分がまた壊れてしまいそうで本当にこわい