ギャンブルと借金|ギャンブル依存症によるトラブル

ギャンブルと借金

ギャンブル依存症と借金は切り離せません。一般の場合は借金をせず、生活に問題がない程度の中でギャンブルを楽しみます。しかし、ギャンブル依存症の場合はそれではおさまらずに、借金をしていくというのがお決まりと言えそうです。
例えば資産が100万円の人と1億円の人との両者、借金をするということに関しては同じと言えるようです。どちらも自分が使える範囲はすぐに使ってしまいます。もちろん資産1億円の人は100万円の人より多い掛け金で、どんどんギャンブルにつぎ込むので金欠になるのは同じなのです。

 

そして、その後は同じように借金をするわけですが、まず安全で気軽に借金ができる一般金融機関で借金をします。そして限界まで借りてしまい、それも返せなくなると悪徳業者に手を出すことも多いと言われているのです。他にも友達や知り合いなどにも嘘をついて、借りられるだけ借りまくる人もいます。そしてその次に会社のお金に手を出したり、強盗、恐喝、そしてタイミングによっては傷害や殺人など刑事事件を起こすこともとても多いのです。ギャンブル依存症になってしまうと、もう後先がまったく見えなくなってしまう精神病の一つですが、もちろんそれによって刑が軽くなることはありません

 

そしてギャンブル依存症の人は、脳の半分ではこの状態から立ち直りたいという気持を持っています。しかしギャンブルの儲けで必ず借金を返すと思いながらギャンブルをし続けているので、ギャンブルをやめること=借金を返せなくなるということになるのです。そのためギャンブルをやめたいと思っても、「やめられない」という答えしか頭には浮かびません

 

これはやめたいけどやめられないという、公営のギャンブル場の問題とも似ているようです。公営のギャンブルのほとんどが赤字で地方自治体の予算を圧迫し続けています。そのため、やめたいと思っている地方自治体がほとんどですが、潰すには大変な資金が必要になるので潰すこともできないので続けているのです。
これと同じようにやめたいけど、やめられないという悲しい現実がギャンブル依存症の人の心にもあるのです。そのうえ依存症は病気なので何だかんだと言いながら、やめられないというところもあります。このようなことから借金は膨らんでいき、次のギャンブルをするためにお金を作るために、犯罪に手を染めてしまうこともあるのです。

 

しかし、どんなに借金を返すことができないと思っても、実は専門家によっていろいろな救済法を使うこともでき、自分で返せる範囲にしていくことができるのです。それに悪徳業者に過払い金を払っている可能性があるので、それらを業者と話合って法律で定められた利息以外はすべて返済に回すこともできます

 

このように借金専門家は、財務整理など強い味方になってくれるのです。つい自分で考えてしまいますが、それでは絶望的になるだけです。でも専門家は必ず返せるかたちにしてくれるので、まず相談だけでもしてみましょう。

 

ギャンブル依存症から脱出するには、借金問題の他には心療内科での範囲となります。この両面をしっかり行うことで、完全にギャンブル依存症から立ち直ることができるのです。家族、そして自分を救うためにはそれしかないということを自覚しましょう。

 

ギャンブル依存症無料診断クリック

 

関連ページ

主婦の借金
ギャンブル依存症による主婦の借金が増えている実態、主婦の借金の実情について考えてみましょう。
ギャンブルと精神障害
ギャンブル依存症によるトラブル精神障害とは?精神的な障害伴うことが多いギャンブル依存症は、自分の強い意志でなんとかするのではなく、病気の一つとして病院で治療することが重要です。