主婦の借金|ギャンブル依存症によるトラブル

主婦の借金について

主婦の借金には、もちろんギャンブル依存症とはまったく関係のないものもあります。主婦の借金には生活のための借金が多く、次に見栄のための交際費やおしゃれのために使う借金なども多いようです。そして、そんな借金理由を持っている人の中に、ギャンブル依存症の主婦が多いとも言えます
つまり生活のための費用や交際費、またおしゃれのためのお金が欲しいので、ギャンブルで儲けようとしているうちにギャンブル依存症になってしまうというものです。特に主婦のギャンブル依存症は手軽にできるパチンコがほとんどです。

 

それによって借金をしていくわけですが、ギャンブルに関係なくても借金をついついしてしまうという主婦もいます。特に今は主婦でも簡単に30万円程度は借りることができます。もしそれが返せないときには利息も付き、どんどん借金は増えていきます。そこで他のところでまた借りるということになり、結局ブラックリストに載ってしまいます。
そんなときに利用してしまうのが悪徳金貸し業ではないでしょうか。一度借りてしまうと驚くほど早く借金は増えていき、ますます返せないことにもなっていきます。それによって知人に嘘をついて借りまくり、その上売春、詐欺、窃盗などにも手を出すということも結構あるのです。

 

借金の理由は生活のためというのが基本であり、交際費やおしゃれ費、ギャンブルなどがありますが、主婦にはそれなりのストレスもたくさんあるのです。そこまで落ちてしまうには夫へのいろいろな不満や抱えきれない子供の問題など、夫の協力がないことで主婦一人が苦しんでいるストレスなどもあります。そんな主婦がお金を増やす方法として、そしてまたストレスを解消するためにはパチンコなどのギャンブルは最適なのです。パチンコ依存症が主婦に多いのは、ちょっとした時間に買い物帰りに小さいお金から遊べるという気楽さがあるからなのではないでしょうか。

 

主婦の借金問題を考慮して、2010年から改正貸金業法によって主婦の借金がしにくくなったと言われています。いわゆる総量規制というもので金融業者は主婦ローンの場合、収入があって年収の3分の1しか借りることができないというものです。つまりパートの場合は103万円以内の年収が多いので、この場合であれば約30万円までしか借りることができません。このように収入がない主婦には貸し出しは禁止ということになったのです。しかし総量規制のない銀行系のカードローンなら収入に関係なく、10万円から30万円程度の限度額の主婦ローンが準備されています。
これは主婦がギャンブル依存症などで、借金を次々とできないようになっているようです。しかし、実際には悪徳業者は現在もはびこっているので、そんな業者の魔の手に引っ掛かってしまう主婦は後を絶ちません。その代わり、もし収入がないにもかかわらずお金を貸した銀行系以外の業者がいた場合は、その業者は違法だということになります。

 

そのような業者に引っ掛かった場合は、借金問題トラブル解決専門家に依頼すると借金自体違法となるため、返済の必要がなくなることもあるのです。このように借金でどうにもならなくなったときには、すぐに借金解決専門業者に相談するようにしましょう。

 

関連ページ

ギャンブルと借金
ギャンブルによる借金と依存症によって借金地獄になる実情、またそれによっておこるトラブルについて
ギャンブルと精神障害
ギャンブル依存症によるトラブル精神障害とは?精神的な障害伴うことが多いギャンブル依存症は、自分の強い意志でなんとかするのではなく、病気の一つとして病院で治療することが重要です。